忍者ブログ
2月20日設置
なぎさんとこを巡回していたら占い記事があったので、早速、くりっく!
結果は、↓こんなふうになりました。

物の考え方や性格的な面から見て、格別に注意を払わなければならない様な点は、殆ど見当たりません。
但し、或る問題、或る出来事で、貴方と周囲に人々が表面的には同じような考え、同じような行動を取っていたとしても、貴方の場合は、かなり高いレベルの判断や高いレベルの感情の動きで、そのような言動を取って行く場合が多いので、周囲の人々も自分と同程度の理解や判断の基に、そのような行動を取っているのだと云う風に解釈しない方が、賢明だと思います。


よく職場で「こんなやり難い作業場で改善したとか言われても困る。」と、上司に直球で文句言ってましたw
おかしいと思う所を自分なりにこうしたら良いという具体案を出して、タイム計測したり、
ロスを殺したりしてから代案を叩き付けていたので、自分が関わっていない工程に連れて行かれて改善部分は無いかと相談される事は多かったですね。

根っこは当たっているけど褒めすぎだろーと思う。
一歩引いた位置で冷静に物事を見てればこんなもんちゃうかとw

今度はそんな面倒な事のない楽な仕事探すさ~♪
PR

pa1.png

最近、はじめた海戦SLGの紹介。

最初のSSのやつは、日本軍の重巡洋艦「最上」が米軍の重巡艦隊のレーダー射撃で
フルボッコにされてる所です。水しぶき、衝撃派も再現されていてカモメも飛んでます。
大きな水柱は戦艦の主砲弾の着弾です。

パシフィックストームアライズ

太平洋戦争SLGです。光栄から発売されてる提督の決断シリーズより色々出来ます。
大局的な戦略、外交、ユニットの生産、輸送、新技術の開発等・・・

戦術面では、航空機の発艦順序を考慮したり敵との交戦時刻や天候を気にしたり。

表示データも細かくなっていて、尾翼を大破した航空機は3D表示だと
水平尾翼が片方失われていますw

pa3.png

・空母「赤城」

pa6.png

・右翼と後席の乗員がやられてます。エンジンも被弾して中破してます。


艦のダメージは傾斜も計算されていて前に集中ダメージがあると前に傾き
右側に集中されると右舷の砲塔が使えなくなります。兵員が倒されすぎると
発砲速度が低下し、火災の消化が遅れたりするようです。

pa2.png

波の3本線のマークが入ってる箇所が浸水箇所です。
この艦は中央に魚雷1本、艦の前後に爆撃の直撃弾が2発ありました。
円で表示されているマークにカーソルを合わせると更に詳細な浸水レベル、被弾状況が表示されます。


このゲームの特徴のひとつに「ユニットに1兵卒として搭乗できる」というものがあります。
艦を操船するのも航空機を操縦するのも自由。戦艦の対空砲手になることも出来ます。

pa7.png

・ゼロ戦操縦中の画面

pa4.png

・対空砲使用中の画面
ユニットに照準が合うと相手の情報(ユニット名、相手までの距離、相手のHP)が
表示されます。当然、味方にも弾は当たります。敵味方識別装置が搭載されたら
AI任せの方が良いようです。

pa5.png

・上の対空砲射撃を艦隊視点で見るとこんな感じ。


かなり面白いのですが、致命的な弱点が「クラッシュしやすい」ところ。
画面の切り替えで負荷が掛かりすぎてよく落ちます。
元々、ロシアで開発されたゲームで英語化され日本上陸してきた異色作との
事なので修正パッチは英語版で先行して出された後に日本語版が遅れて
出される為、本家で修正された数々のバグがまだ生き残っています。
ユニットの生産系図も大雑把ですね。日本の艦船も航空機も種類が少ないです。

日本語のセリフも妙な翻訳がされていて楽しいですv

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

・日本語版正規代理店

株式会社Zoo

飛天とコラボしていたカードゲームのアルテイルを始めました。
初日の戦績は大負けデス(;v;

初心者サーバにINしたのに課金カード使う人とかなんやねんwwww
まぁ、Lv3までには本格的にやろうとする人なら課金するかもね。
自分もかなり楽しんでます。
最初は意味不明なまま攻撃を受けてやられてましたが、やっと、ソウルの
意味が解りましたv

これやってる人が居たらあそぼ~w
3アカ取ってデッキ研究したので初日だからってなめるなよ(ぉ
相手不足じゃぁ~!!

かもんv
 
ROME -TOTAL WAR-
単純な国盗りゲームなんですが、戦術の奥が深くて嵌ってしまいました^-^;

選択しているユニットは投擲槍騎兵の部隊です。
円陣を組んで時計回りに回転しながら敵に攻撃しています。
上杉謙信の車懸りみたいな攻撃方法で槍を投げつけています。(カンタブリア円陣)

他にも弓兵は火矢を放っています。弓矢は味方にも命中判定があるので攻撃停止の
タイミングがシビアだったりします。

雑魚敵400、味方25の重騎兵でも戦場を生かせば
勝てる可能性があるのがスゴイですw





これは壊走した敵を追撃している軽装騎兵部隊。
突撃陣形を取っています。
前方では重装騎兵が密集隊形のまま突撃してます。

こんな感じで凝った戦術を展開できるのでやり込み中!!
対人戦がしたい、今日、この頃・・・
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]